1. HOME
  2. 管弦楽器

管弦楽器(管楽器・弦楽器・リペア)

内藤楽器本店 管楽器売場

管楽器を県内最大級展示 試奏歓迎!

YAMAHA・Selmer・Schilke・Bach・XO・io・Crampon・KING・CONN・YANAGISAWA etc.多くの楽器を展示しております。

バンドレン・セルマー・ヤマハ・バック・アレキサンダー・デュコフ・オットーリンク・メイヤー・ジェットトーンなどのマウスピースや、バンドレン・セルマー・グランドコンサート・ハリソン・ベイ・ボナード・BG・ロブナーなどのリガチャーを数多くご用意。

お手入れ用品も充実

音の心配な方は防音室のご相談もお気軽にどうぞ

スタッフおすすめの楽器をご紹介します!

フルート

  • ヤマハ YFL-312

    響き合うバランスと、広がる表現力。
    音を大きく左右する頭部管には、まろやかで深みのある音色を生み出す銀を採用。管体パイプに用いた白銅の響きやすさとのバランスが、表現の幅を広げます。

  • ヤマハ YFL-617

    新しくなったセミハンドメイドモデルで管体銀製(ヘビーウェイトタイプ)、ストロビンガーフェニックスパッド採用など、音の反応やダイナミクスが格段に向上し、より表現のある演奏が楽しめます。オフセットカバードキイEメカ付、トーンホール引き上げカーリングタイプ。

  • 村松 GXCC

    洋銀製のキィ・メカニズムを、スターリング・シルバー(Ag. 925)の管体(+座金・ポスト)が支える、 ユニークな構成のフルートです。 限りなく総銀製に近い、温かく重厚な響きをもちながら、 洋銀の明るくきらびやかな音色がスパイスのように効いて、 ソロ、ブラスバンド、アンサンブル、オーケストラ…、あらゆる場面で個性が際立ちます。 総銀とはひと味ちがった、新鮮な響き。

クラリネット

  • ヤマハYCL-650

    プロフェッショナルモデルB♭管。管体はグラナディラ、キイは洋白鍛造銀メッキ、芯金・ネジ類はステンレススチール、針バネ・板バネは硬質鋼、17キイ6リング・ベーム式モデル。

  • ヤマハYYCL-CSVm

    より幅広く、より多彩な音色を。
    カスタムCSシリーズB♭管。管体はグラナディラ、キイは洋白鍛造銀メッキ、芯金・ネジ類はステンレススチール、針バネ・板バネは硬質鋼、17キイ6リング・ベーム式モデル。

  • クランポン R-13

    音程の良さと音色の柔軟性を兼ね備え、奏者が求める様々なシーンに応えられる楽器です。
    半世紀以上にもわたり、クラシックからジャズまで世界各国であらゆるジャンルの多くのクラリネット奏者から愛され続けているロングセラー・モデルです。
    〈ビュッフェ・クランポン〉の主力製品であり、ベーム・システムの傑作です。
    『R13系統』の基本となるモデルです。

サックス

  • ヤマハ YAS-280

    奏でる歓びにめぐりあう。
    サクソフォンをはじめる人にとって、大切な基本を重視しました。音の出しやすさと確かな音程、正しい構えで演奏できるキイのレイアウトがポイント。安定した音程と操作性で、はじめての挑戦をしっかりとサポートします。

  • ヤマハ YAS-82Z

    感性そのものが、音になる。真のプレイヤーにこそふさわしいカスタムZ。
    幅広いジャンルの音楽表現に対応し、思い通りに音を創造できるカスタムZ。全音域がムラなく安定しており、リズムの強弱を生かしたダイナミックな演奏が可能。感性のままに音をコントロールできるモデルです。スタンダードなゴールドラッカー仕上げ。

  • セルマー ジュビリー S/Ⅲ

    この「ジュビリー」というのは、すべての既存のセルマー・サクソフォンの仕様を変更しようというプロジェクトで、新製品を指すものではない。本体そのものの基本設計は変わらないが、彫刻やラッカー、マウスピースが変わり、またネックレバー、胴輪などの形状が新しくなっている。

トランペット

  • ヤマハ YTR-3335S

    伸びやかな吹き応えで、新たなステージへ。
    リバースタイプチューニングスライドを採用。伸びやかな音と吹きやすさを実現しました。主管の支柱によって音色のまとまりも良く、スムーズな息の流れとしっかりとした吹き応えが、演奏に新たな愉しみを生み出します。

  • ヤマハ YTR-8335RS

    新しくなったXeno8335シリーズの中でも、特にこだわりを貫いたモデルがYTR-8335RSです。リバース式主管抜差管を採用し、さらに理想の音色を追求。リバース式ならではの吹奏感や安定感と、銀メッキ仕上げによるやわらかな音色も魅力です。

  • Bach 180MLS

    世界中で、プロフェッショナルプレーヤーから学生・初級者に至るまで幅広く、絶大な人気を有しているのが、モデル180・MLボア・37ベル・25マウスパイプSP(シルバープレート仕上げ)になります。
    最大最良の響きを得られるワンピースベル(1枚取り工法ベル)と、伝統の高度な工法が生み出す、適度で心地よい反応・輝き・遠達性・抵抗感をもつ、バックのスタンダードモデル=プロフェッショナル用トランペットの代名詞です。

トロンボーン

  • ヤマハ YSL-456G

    定評あるヤマハならではのクリアな音程感、シャープなレスポンスとパワフルな音色。音楽を創造する喜びを知ってほしい。若い才能へ、ヤマハ400シリーズトロンボーン。

  • ヤマハ YSL-882O

    世界のオーケストラの首席奏者をも深くうなずかせる音色と響き。その精微なフォルムには、奏者と同じ芸術性が宿っている。表現の高みへ。ヤマハカスタムトロンボーン「ゼノ」。

  • XO BT-L

    ハイレベルな要望にも十分に応えられるプロフェッショナルモデルです。BTモデルのバルブ部はアキシャル・フロータイプを採用しF管部だけでなく、バルブ部もすべてエックス・オー オリジナルで製作。気密性、操作性に優れ、どの音域でもムラの無い吹奏感を実現いたしました。また、金、銅、ニッケル等、各素材を使用する場所や方法も研究し、よりクリアで遠達性のあるピアニッシモ、重厚でパワフルなフォルテシモを生み出します。

ホルン

  • ヤマハ YHR-567D

    この響きが、ホルンの新しいメインストリーム。高品位設計を随所に採用した、フルダブルホルンの原点。

  • ヤマハ YHR-869D

    力強いffから、繊細で柔らかなppまで。色彩感溢れる響きを世界に届ける。ヤマハカスタムホルン、ついに音の新境地へ。

  • ヴェンツェルマインル 205CL

    様々な大きさの手に合わせることができるアジャスタブルフィンガーフック(可動式指掛け)を全モデルに標準装備。奏者の求めるベストなポジションでのフィンガリングが得られます。付属のレンチで簡単に位置を調整する事ができます。

管楽器リペア価格表

価格はすべて基本価格になっており、メーカーや楽器の状態、不良個所の状況によって料金が加算されますことを、あらかじめご了承ください。
内藤楽器でお買い求めいただいた管楽器は、メーカーの規定に基づいた保証が付きます。
事故・落下による凹みや傷、パーツの交換は保証対象外となり、有料となりますのでご了承ください。

管楽器リペアスタッフ

  • 三枝 誠【管楽器修理】
    大月市に生まれ、小学校4年生から吹奏楽を始めました。気が付けば管楽器との付き合いは30年になります。 ヤマハ管楽器テクニカルアカデミー(旧ヤマハリペアスクール)を1993年に卒業して以降、管楽器のリペア専門で今日に至っております。
    “いつでも相談できる”をモットーに、常にお客様の目線に立った接客を心掛けてまいりました。
    『楽器の事なら、内藤楽器だよね』と言って頂けるように、これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。 ちなみに家に帰れば、子煩悩な3児のパパです!
  • 佐野 忠良【管楽器修理】
    金管楽器の修理を担当しており、今でも地元の市民吹奏楽団でトランペットの演奏をしています。
    とにかく楽器が好きなので、皆様が気持ちよく演奏できるよう、お手伝いをさせて頂けたら嬉しいです。
    楽器の相談から人生相談(解決できる分かりませんが…)まで、何でも気軽に話しかけてください!
    演奏に役立つ便利グッズの紹介や新商品のご案内など、どこよりも早い最新情報をお客様にお届けできるよう心掛けておりますので、どうぞよろしくお願い致します!!
  • 小澤 佳穂【管楽器修理】
    日々努力をモットーに内藤楽器のセンター目指し奮闘中☆アイドル系リペアマン小澤です!
    旅行に行くのが大好きでいつでも旅行のプランを考えています。 暇さえあればお出かけしちゃうアウトドア派です! もちろん楽器も大好きでクラリネットは始めて10年目。 いまでも地元の一般バンドで活動中です! 楽器や音楽教室のことで何かありましたらいつでもご相談下さい。
    いつでも小澤に会いに来てくださいね☆おまちしております♪

内藤楽器本店 弦楽器売場

バイオリン等弦楽器本体・バイオリン弦(ドミナント・オリーブ・オイドクサ・ビジョン・インフェルド等)・ビオラ弦・チェロ弦・コントラバス弦・肩当・松脂・ミュート・お手入れ用品など各種取り扱っております。

ハーモニカ・オカリナも各種ご用意

チューナー・メトロノーム・譜面台なども数多く取り揃えております。

 

内藤楽器株式会社

ページの先頭へ